輸入と水不足の関係とは

世界中で水不足が心配されていると思います。
これは実際の話です。
あなたは、この事について、どのようにお考えでしょうか。
今後、世界の水不足はどのように深刻化されるのでしょうか!? 日本に住んでいると、いまいち、その深刻さがわかりにくいのではないでしょうか!? 近い将来、2050年頃になると世界の人口は、なんと90億人になると見られています。
凄い数ですね。
90億人と言えば、今より1.
5倍の数になりますよね。
あと数十年でこんなにも増加すると言うことです。
恐ろしいですね。
(苦笑) そうなると当然ながら、その分の食糧を生産する必要が出てきます。
そうしなければなりませんよ。
また、途上国の経済発展にも大量の水が必要となってきます。
具体的に言うと、雨が降る場所、振らない場所のバランスが悪くなってしまいます。
乾燥している所には更に雨が降らないようになるでしょうし、雨が降る所は更に集中して雨が降るようになります。
そうすると乾燥化する場所が増えますし、この逆の場所は洪水の場所などが増えますよね。
こうした状況によって私たちが生活用水として使う水が減ってしまうと言う事に繋がってくるのです。
これによると2、025年になれば、50億人の飲み水が不足すると言います。
2025年と言うと、もう直ぐですよね。
何故なら、水不足を引き起こしている殆どの原因が、私たち、先進国にあるからです。
(汗) 例えば、アメリカ、ヨーロッパ、そして日本などの先進国は、水を大量消費しているからです。
http://www.waterserver-real-review.com/