国家資格と民間資格違いについて

資格の情報をチェックする際に必ず目につくのが国家資格と民間資格。
資格は大きくこの2種類に分けられているのです。
では、国家資格と民間資格にはどのような違いがあるのでしょうか。
国家資格とは文字通り国が定めた資格のことです。
この資格のポイントはまず資格を取得することでその分野に関して専門的な知識・技術を持っていることを国が保証してくれるという点があります。
一方、民間資格は企業や民間団体が主催して実施されている資格です。
試験に関しては国家資格と同様、その資格を取得するに相応しい知識・技能が備わっているかを検定することが主な目的となります。
民間資格の特徴は非常に幅広い分野の資格が存在していること。
国家資格の場合はなんといっても信頼度が高い点が大きなメリットとなっています。
問題なのは同じ業務で国家資格と民間資格の両方が存在している場合でしょう。